CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

はえぎわ | ブログ

FORMA
20131030_023348.jpg
出演させていただい映画「FORMA」(坂本あゆみ監督)が、
第26回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門
作品賞受賞しました。
この部門、唯一の賞をいただきましたのです。
いや〜良かった。
坂本監督、関係者の皆様、心より、心よりおめでとうございます。
本当に良かった。
参加させていただけたこと、改めて感謝です。
 
公式サイト
東京国際映画祭 受賞結果一覧
| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 02:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
北九州と男の子
P1080592.jpg
北九州芸術劇場リーディングセッションvol.22
「続・世界の日本人ジョーク集」
6日ほど前に、無事好評のうちに終えることができました。
下は13歳から、上は77歳。
世代からキャリアから、何もかもが違う役者たちが18人。
テキストも、戯曲でも物語でもないものを取り上げてしまったため、まずはそれを戯曲化するという通常より一工程多い羽目に。
そういった初めてづくしの要素で、稽古期間は5日間。
いつものように、いや、いつも以上にゴールの見えない挑戦ではありましたが、スタッフさん、役者さん、本当に皆が前向きに取り組み、
想像だにしなかった素敵な公演に行き着けたのではないでしょうか。
生演奏の音楽家、ショピンの田中馨くんも、それはそれはすんばらしい音楽を作り、奏で、作品の味わいをこれ以上なく深めてくれた。

たまにこうして東京から離れた土地で創作をすると、思ってた以上のいい刺激とエネルギーをもらう。
創作に対する純粋な初期衝動を思い起こさせてくれる感じがする。
今年はもう、表立った公演などはないが、月1で広島で講義などがあったりする。
たくさんお好み焼きを食べたいと思う。違うか。

そんなことを思いながらドングシャ降りの下北沢を歩いていると、5歳ほどの男の子が後ろから追いかけてきた。
「のぞえさんですよね?」
あまりの急な出来事に、何を言われているのかがよくわからなかった。
「え?」という言葉しか出てこない。
男の子はまた言った。
「ノゾエさんですよね?ファンです。」
やはり何を言われているのかよく分からなかった。
5歳の子に気に入ってもらえるような人物である覚えがあまりない。。
強いて言うなら映画かもしれないけど。
で、僕の口は咄嗟にこう言っていた。
「え、なんで?」
バカ正直にもほどがある。
いくら不測の事態とは言え、男の子はどしゃ降りの中、勇気を出して声をかけてくれたのだ。
その後は、急いで事態を消化し、握手とありがとうとバイバイをし、男の子は嬉しそうに雨の中へと戻っていったわけだけども、
いや、男の子、ごめんね、そしてありがとうね。
おじさんびっくりしちゃったの。でもおじさんとっても嬉しかった。ありがとうね。
帰り道、雨宿りする祭りの人々をよそに、僕の顔は確実にニヤけていた。
そして今後は、小さい子にも喜んでもらえるような作品も創りたいと、夢を膨らませているのであった。
Thank you boy.

| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ライフスタイル体操第一
P1050751.jpg
「ライフスタイル体操第一」。
おかげさまで無事に終了いたしました。
これまでのはえぎわの動員を大幅に更新することもでき、
三鷹までご来場いただきましたみなさま、心より感謝を申しあげます。

いい公演でした。
14年劇団をやってきて、まだこういう感動をすることができる公演をやれるとは、自分でも思ってもいませんでした。
キャストの人生と共に心を揺さぶられるような。そういう感動。言葉にするのは難しいですが。
カーテンコールも、ほとんどの回でダブルをいただき、千秋楽はトリプルまで起こると言う。
このサイズの劇場では珍しい出来事で、
ともかく、関係者、お客様、たくさんの方が喜べる作品を作れたことは、何よりでした。
勿論、そうでない意見もしっかり受け止めて、
今後も更なる挑戦を続けてまいりたく思います。
本当にどうもありがとうございました。

竹田さん、加藤さん、佐藤さん、阪口さん、サンダさん、ちゃこさん、渡辺さん、宇津木さん、立堀さん、うちやまさん、石原さん。
皆さんと出会えたことに感謝です。
お元気で。
またお会いできるのを楽しみにしております。


| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 03:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
したまちコメディ映画祭
DSC_0281.JPG
9月15日。土曜日。晴れ。
 
今日は、昼間の稽古をお休みして、浅草に行ってきました。
 
第5回したまちコメディ映画祭です。
 
初主演映画「TOKYOてやんでぃ」がオープニングを飾らせていただくことになったのです。
 
浅草の町を人力車に乗り、レッドカーペットに到着。
 
初レッドカーペットです。
 
まあ、人のいることいること。
 
僕の事を知っている方は勿論ほとんどいませんでしたが。
 
僕に握手を求めながら、握手をした瞬間、目は別の有名人を探していました。
 
さすがおばちゃん。最強です。
 
その後、1000人収容の大ホールにて舞台挨拶。
 
常々似ていると言われてきた、いとうせいこうさん(この映画祭のプロデューサー)とも初対面。
 
どぎまぎしました。
 
興奮な一日でした。
 
20時にようやく稽古場に到着。
 
みなさんさすがにもう臨戦態勢です。
 
明日は最後の稽古休み。
 
 
 
 
 
| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 03:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
病は気から
20120709_070156.jpg
7月の頭から静岡に滞在してます。
静岡芸術劇場さん、SPACさんの企画でモリエールの「病は気から」に取り組んでます。
公演自体は10月下旬からなのだけど、はえぎわ公演が挟まれるため、先に作ってしまおうという、稽古を二期に分ける方式です。
 
滞在場所と稽古場所は、舞台芸術公園という大自然の山の中。
一帯の施設はとてもキレイでいい感じなのですが、いかんせん自販機すらも何もありません笑。
町に行くにも車がないと行けないため、コンビニでいつでもなんでも生活を送れていた僕には刺激的な生活環境です。
でも部屋もとても素敵できれいだし、周りは木々の自然のみだし、SPACの皆さんはとてもいい方々だし、とても贅沢な時間を過ごさせてもらってます。
自分の携帯、ウィルコムの電波が入らないため、おそらく多くの方に迷惑をかけて しまっているような気もしますが、たまには遮断されるのもいいかなと、勝手にゆったりさせてもらってます。
とりあえず第一期は8月下旬までの滞在です。
| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 03:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
@ホーム公演
DSCN1936.jpg
世田谷パブリックシアター@ホーム公演
「チャチャチャのチャーリー 〜たとえば恋をした人形の物語〜」千秋楽

2012年6月18日。13時30分開演。
@フレンズケアセンター。

今年で3年目を迎えた「チャチャチャのチャーリー」も、(演目としては)これで最後となりました。
今回、急遽参加してくれることになった石村みかさんのおかげもあって、今年もたくさんの素敵な出会いと公演をすることができました。

最終日の前日は、3年前にこの公演がスタートした場所、芦花ホームでの公演でした。
3年前から変わらずいらっしゃるおばあちゃまにもまた会う事ができ、劇中、おばあちゃまの笑顔を見た時は胸がつまった。
そうしてついに迎えた、三年間の集大成・千秋楽。
千秋楽は、たにぐちいくこが乗る一輪車がパンクしてしまってたり、バタバタの中でのスタートでしたが笑、
なんか、やはり、とっても感慨深かった。
喜んでくださる様々なお爺ちゃんお婆ちゃんの表情を見ていると、やはり感動してしまい、最後、あまりちゃんと唄えなかった。

この公演の意義についてよく考える。
普段自分がやっている演劇は、自分達で全てを企画し、セッティングして、お金を払って観に来ていただくもの。
観に来てくださる方は、すくなくともその作品には興味をもって下さっているわけだ。

しかし、この@ホーム公演は、それとは逆の式図なのだ。
高齢者施設で過ごされるご利用者さんの元へ、
言うなれば勝手に?いきなり?おもむくわけだ。
芝居を観るのが初めての方もいらっしゃるし、芝居なんて興味ない方もいらっしゃるでしょうし、顔を向けることすら不自由な方、認知症症状の方も多くいらっしゃる。
芝居が始まっても見向きもしない方もいれば、全く関係ないことをしている方もいらっしゃる。
それでも僕らは、その前で上演をし、僕たちなりの精一杯の気持ちを乗せた芝居を届ける。
なぜそこまでして?
それは、心の芯から喜んで下さる方がいるからだ。
最初は違っても終演頃には生き生きとした表情になる方もたくさんいらっしゃる。
普段、劇場に観に来て下さる方とは比べ物にならないレベルで、心の芯からしみじみと、時には涙を流して、
良かった〜。
どうもありがとう〜。
と。
彼らの日常は、残り時間も読めない流れで流れていく。
その人生の一コマで‘感動’を共有できた喜び、充実感。
それは同時に、お芝居の力を教えてもらえる瞬間であり、人と人が同じ空間を共有できる歓びを再確認できる瞬間でもある。
観劇した数時間後には、すでに覚えていらっしゃらない方もいるでしょう。
でも、皆さんの「生」が確実に躍動した、感動に満たされた数十分があったのは事実なのだ。
それだけでいいと思う。
とってもシンプルな構造だ。
お芝居をし、観た人が喜ぶ。
それだけの30分強。
普段の劇場芝居は、それだけとはなかなかいかない。
全く別のモノがここにはある。
人の「人生」に直接関われる演劇。
勿論僕は、いわゆる劇場演劇を今後もやっていくわけだが、
この@ホーム公演は、続けさせてもらえる限り、続けたい。
もしかしたらいずれ、ホームで過ごす親の前で上演する日も来るのかもしれない。
それはそれで、辛いとは思うけど、小さな親孝行になるのかもしれない。

というわけで、来年も、是非、やれたらと考えております。
新作で。
また会いたい顔がたくさんあります。
この公演を支えてくださる、全ての方に感謝を申し上げます。
| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 03:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ENBU
DSC_0218.JPG
ENBUゼミナール、ノゾエクラス卒業公演
「24の瞳の次世代の最初の道筋」
おかげさまで無事に終了いたしました。
最後の1週間ほどの生徒たちの鬼気迫る感じは凄かった。
自分たちでなんとかするんだと、作・演出も、役者も、24の瞳が、ギランギランしてた。
この24の瞳がにごることがないことを本当に切に願う。
素晴らしい子供たちでした。
どうもありがとう。
またどこかで。
| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
24の瞳の次世代の最初の道筋
DSC_0215.JPG
僕が講師をさせてもらってます、ENBU ゼミナールの卒業公演がいよいよ来週末に迫って参りました。
今年は、やる気まんまんの生徒から二人、作、演出の希望があり、その二人の作品をメインにやります。
僕は、前後のつなぎを少々と、監修、といった感じですが、
未来の演劇を担う次世代な彼らの一歩目、
貴重です。
是非よろしくお願いいたします。

ENBUフェスタ 2012 ノゾエクラス卒業公演

「24の瞳の次世代の最初の道筋」

監修・構成:ノゾエ征爾

作・演出:ふじかな、松森モヘー(ノゾエ征爾少々)

2012年3月31日、4月1日

@笹塚ファクトリー

http://enbuzemi.co.jp/enbufesta/2012spring/
| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
泣きそうになりました。
20120308_160342.jpg
浮かれてはいません、大丈夫です。
みんなの、みなさんの気持ちが、ただただ嬉しいのです。
| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第56回岸田國士戯曲賞
DSC_0211.JPG
大変おくればせながら、あらためまして、ご報告させていただきます。

この度、はえぎわ第 23回公演「○○トアル風景」が、
第56回岸田國士戯曲賞を受賞いたしました。

藤田貴大さん、矢内原美邦さんとの、三名同時受賞です。

劇団をスタートして 14年目。
なかなかの遅い受賞で、若干戸惑いもありましたが、
ここまでの地道な活動に対して、ご褒美をいただいた気がして、素直に嬉しいです 。
そして、たくさんの方からのお祝いの言葉。
たくさんの方が喜んでくださっているのが本当に嬉しかったです。

ここまで一緒に頑張ってきてくれた劇団員に、
本当に本当にどうもありがとう。

出演してきてくれた役者のみなさま、
支えてきてくれたスタッフさん、お手伝いさんのみなさん、
見守ってきてくれたお客さま、
関わってきてくださいました全ての方に、
心より感謝です。

自分自身もはえぎわも、まだまだ未熟だらけで、精進しまくらなければならない位 置にあります。
やりたいこともまだまだありまくります。

本当、これからだなあ。

これまで、どうもありがとうございました。
今後とも、ノゾエを、はえぎわを、何卒宜しくお願いいたします。

ノゾエ征爾
| 「のぞやん」ノゾエ征爾 | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |